賃貸物件を借りる時気をつけること

賃貸物件の、特に住居用賃貸マンションを借りるとき気をつけたいところをみていきたいと思います。賃貸物件は大家さんが直接募集したり、知り合い知人を通したりして契約を結んで部屋を貸す場合もありますが、ほとんどが不動産屋を通して借りる人と契約を交わしていると思います。

実際にこの不動産屋とのやり取りだけで入居してから退去するまで一度も大家さんと会わないこともそう少なくありません。そういうこともあり、物件の紹介も契約の話もこの不動産屋から聞くことになる場合がほとんどではないかと思います。

不動産屋は中立というよりも大家さん側のスタンスだと思っていたほうが良いかもしれません。不動産屋は物件に関してはいいことばかりを言うパターンが多いので気になるところは所々突っ込んで聞いておいたほうがいいと思います。

中には良心的な不動産もいるとは思いますが、とにかく早く物件所を契約させて片付けたいという姿勢が全面的に感じます。そのペースに乗らずにあくまで自分の価値基準や優先順位で物件を決めるように冷静に対処する必要があります。

いざ物件が決まると部屋を案内してもらうと思います。忙しい3月などは物件を見ずに契約してしまうこともあるので必ず見て確かめるようにしましょう。中にはまだ前の住人がいて部屋の中まで見ることができない場合もあるかもしれませんが、少なくとも物件の建物は見ておきましょう。たとえ住人がいても見せてもらえる場合があるので部屋を見せてもらえるか聞いて見ましょう。部屋を確認できたら写真も撮っておきましょう。

また、家具の搬入のことを考えてドアのサイズを測ったり、ある程度引越したときの家具の配置などイメージしておくのもいい意と思います。部屋の写真は退去時の証拠などにもなるのでもともとの汚れや破損の修理を請求されないようにするためにも撮っておいたほうが言いと思います。

契約書は不動産屋が作り契約条件など細かく書かれていますがしっかりと読み込んでからサイン押印をするようにしましょう。敷金や礼金、契約年数、更新料、火災保険や楽器の使用、暖房器具の使用に関することなど書いてあると思いますので理解しておくことが必要です。

手続きは契約書を交わして鍵を受け取るぐらいですがのちのちトラブルにならないように細かい確認が必要です。

フットサル大会

歯科ホームページ制作

債務整理 大阪

オールインワン化粧品

 
mf7979